メールの振り分け – Gmail

メールがいっぱいになって読みきれない、読みたいメールが探しにくい、という場合に、メールの振り分け(ルール、フィルタなどとも呼ばれる)の機能を使うと便利です。

 

メールを読むソフトによって設定方法が違いますので、今回はgmail のweb版をもとにご紹介いたします。

(最近表示が新しくなりましたのでそちらでご説明)

 

 

 

gmailをPCのブラウザで、振り分けしておきたいメールを開いているところの例です。

 

メールの上にあるメニューの「その他」から 「メールの自動振り分け設定」を選択します。

 

選択していたメールの送信者をもとにメールの振り分け条件が設定された画面がでてきますので、「ラベルを付ける」を選択して、選択または新しいラベルの作成をします。

新しいラベルの作成画面はこんな感じ。

 

もし振り分け条件を変更したい場合には 「検索オプションに戻る」を選択すると条件画面が出てきますので条件を入れ直します。

 

検索条件を入れる画面では、 差出人(=from)、宛先(=to)、件名、含む(本文などに含む文字)、含まない(本文にこれらの文字が無い場合)、添付の有り無しなどの条件が入れられます。

※ 条件を組み合わせたり、することもできます。もっと使い込みたい方はこちらをご参考に

 

検索条件が変わると振り分けたメールが表示されているのでここで条件がちゃんと設定できているか確認できます。

 

設定画面からのフィルター作成/編集画面にはまず、右上のギアアイコンから「メール設定」を開いて

 

 

出てきた画面の「フィルタ」タブを選択します。

 

今までに設定されているフィルタの一覧が出てきますので、新規作成か、編集をします。

 

条件設定画面は、上記と同じ。

 

いろいろ設定してみて、使いやすい環境を作ってみてください。