ワードの表で行の高さが変えられない

マイクロソフトオフィスのワードで表を作ったときに、行の高さが変えられないとの父からの電話。

ちょっといろいろ聞いてみる。住所録か何かを作っている模様。氏名のふりがな欄を他より細く見栄えを整えたいとのこと。

行を選択して、フォントの大きさを小さくしてみてもダメ。
行の下の線を選んで、横棒に上下矢印のアイコンが出てもサイズが変えられないとのこと、あれ?そうだっけ、と思ってやってみたらはやり変えられない。

【解決方法 】
表の中の変更したい行を選択して、右クリック。
一番下(たぶん)に「表のプロパティ」という項目が出てくるので選択してダイアログを出す。

「行」のタブを選択。
「 高さを指定する 」の□(四角)チェックをいれて、数字を入れる。5mmくらいにしてみてくださいな。
「高さ」の項目のプルダウンで「固定値」「最小値」が出てくるので「固定値」を選択

※ 高さは、8ポイントの文字だと5mmくらいまでで、それ以上小さいと表示もおかしくなるようです。表示したい文字に合わせて高さは変えてみましょう。

前後の行も同様に固定にできますが、10ポイント以下の文字以外はそのままフォントの大
きさで調整してくれるので、そのままが良いでしょう。

一応、印刷したときの感じは確認してくださいね。

行の高さが変えられないのは、普通の状態では行の最小サイズが決まっていて、それが10
ポイントの文字程度で、それ以下にならないからのようです。
小さな文字にあわせた行の作成の時には要注意!

いじょ、かかりつけサポートでした。

 

ここから以下メモ

ちなみに、StarSuiteは8ポイント文字とかでも勝手に行を合わせてくれます。
iWorkも、フォントに合わせて小さくしてくれますねえ。