Microsoft のOffice2007と2003を同居させたい

マイクロソフトののオフィス2007が登場してから2年近くになって、そろそろオフィス2007を使ってみようかな、とか、使わなくちゃいけない、ということもでてきているのではないでしょうか。

そんなとき、オフィス2007と2003が同じPCで使えたら!と思う人は多いと思うのですが、Word と Outlookに関しては、同居は実質上無理です。。毎回インストールCDを入れたりなんやらする必要があります。

 

では、Excelとはできるのでしょうか?ちょっと面倒で、2007のインストールをする前の状態であることと2003のインストールCDが必要になりますが、以下の手順である程度できるようになります。

 

まず、Office の2003をインストールする。間違っても2007からインストールしてはいけません。

一応、microsoft Updateでofficeを最新版にしておきましょう。

 

次に、Officeの2007のインストールを始めますが、インストール開始されたところ、最初の画面で「アップデート」か「ユーザ設定」を選択する画面が出てきますので、「ユーザ設定」を選びます。← ここ重要☆☆☆ 

 

そのあと、「削除するアプリケーションを指定する」を選択して、Excelなど両方のバージョンを使いたいアプリケーションをはずしてインストールを開始します。

(PowerPoint, Access等も両方利用したい場合は、ここで削除しない選択にしてください。)

 

この状態だと、優先されるのは、最後に入れたバージョン=2007になっています。

ここで、Office2003のインストールCDを準備して、PCにセットしたら、「スターとメニュー」の「アクセサリ」 「コマンドプロンプト」から

“C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\excel.exe” /regserver

と入れて、リターン。CDからなにやら読み込み完了です。

 

このおまじないは、Excel 2003を優先する、という設定にするおまじないです。

元からあるExcelのファイルは2003を起動させて使えて、Excel2007のフォーマットで作ったファイルは拡張子が新しいので、Excel2007で使える、という状態にできます。

 

期待するバージョンで起動しない場合は、Excelファイル選択して、右クリックして「プロパティ」を開きます。そこの「全般」のタブのなかにあるプログラム(起動するプログラムを選択する意味)の項目のボタンを押して選択し直してみてください。

 

私はVista上でここ2ヶ月ほど運用していますが、とりあえず問題なく使えています。あんまり難しい事はしていないということもありますが。(^_^;)

 

なお、Power PointやAccessも同様の手順で共存できるようですが持っていないので確認していません。

 

以下、参考までに

 

Wordは、起動する度に最後に起動したバージョンを優先するように書き換えをしてしまうようです。おまけに、一度2007を起動してしまうと、2003を使いたくてもインストールCDが必要になってしまいます。

これでは使えません。WordとOutlookはソフトウエアの一部を共有していて、インストールCDを入れたときに書き換えてしまうようです。

 

マイクロソフトのこちらのサイトに情報がありますが、ちょっと日本語難しくて、とりあえず最終的にインストールされたバージョンが優先される、Wordは最後に起動したバージョンが最優先になる、など書いてあります。

http://support.microsoft.com/kb/292491/ja

コマンドでの切り替えはテストでは使えると言っていますが、運用ではおすすめしないとか。確かに、コマンドの度にCDを要求されるので、通常は使えそうにありません。