メールの振り分け – Outlook Office

メールがいっぱいになって読みきれない、読みたいメールが探しにくい、という場合に

メールの振り分け(ルール、フィルタなどとも呼ばれる)の機能を使うと便利です。

 

ウィンドウズのアウトルック(Outlook Office2010)をもとにご紹介いたします。

まず、アウトルックの一覧画面から、振り分けルールを作りたいメールを選択し(=フォルダを分けたいメール)

右クリックすると出てくるメニューの中から「ルール]の「仕分ルールの作成…」を選択します。

仕分けルールをメールから作成する

 

仕分けルールを設定する画面が出てきますので、例えば差出人が xxだったら、等の条件を設定し、

仕分けフォルダを選択します。

 

フォルダ設定ダイアログがでるので、無ければ新しく作成します。

 

もどの設定画面で「OK」を押して設定完了!

 

メーリングリストに投稿されたメールを仕分けしたい場合には、

「宛先が次の場合」にメーリングリストの投稿アドレスをいれるとOKです。

このとき、件名にルールがあれば、それをいれておくと、さらうに細分化できます。

 

新たに仕分けルールを作りたいとき、編集したいときは、officeリボンの「ホーム」にある「ルール」から

「仕分けルールの作成」または「仕分けルールと通知の管理」を選択します。

 

仕分けルールは、仕分けルールのリストにある上の物が先に実行されます。

先に実行したい物を上に持ってくるように矢印で調整しておきます。

 

 

作成したルールを実行したい場合はofficeリボンの「フォルダ」にある「仕分けルールの実行」を

選択します。