Windows Updateしたら自動的に再起動しちゃう?!

本日午前中のこと、昨日からのWindows Vistaでの作業をほっぽりぱなしで、書類書きやらMacでのメールにいそいそ手を動かしていたところ、ふとみるVistaが「Windows Updateしたから再起動します!」ってな調子ではりきっている。

あれ?再起動?勝手に?

やばっ!、昨日修正した契約書やら、変更したサイトのメモやらを保管していないかもしれない!! そう思った瞬間再起動は始まってしまった。。。(涙)

。。。そう、Windowsは、自動的にUpdateするという設定にしておくと、再起動が必要な更新があった場合、ある時間を待って 自動的に再起動をするのでした。

ぼけっ→自分。

次回は待ってもらえるように、Vistaさんにお願い。  方法は

まず、「スタート」メニューの「コントロールパネル」を開く。

「Windows Update」を選んでの左側のメニューの「設定」を選択すると以下の画面が出てくるので2番目の
”更新プログラムをダウントー度するが、インストールを行うかどうかは選択する” を選んで「OK」!

Windows Update Settings

インストールまでして、再起動は待つというオプションは無いのですね。

Window XP(Home Edition以外)では、ダウンロードして、インストールして、再起動だけ待ってくれるという設定も出来るらしく、Vista用も探しましたが、HomeEditionなのでか、グループポリシーエディタなるものが無いのとレジストリも変わっているようなので断念。

 

ちなみに、自動アップデートにしておいても、完了から再起動まで少し待ってくれる閒に出てくる画面があるので(どの程度でているのかしら?)で「あとで再起動」を選ぶと、そのまま暴力的に再起動が始まってしまうことはありません。

 

Windows XPの場合はこちらをご参考に。

http://support.microsoft.com/kb/912843/ja

 

(プログラム作って設定、って方法まで掲載されていますが。。。)

 

なにはともあれ

 

忘れそうな人は自動更新にしておきましょう。

パソコンの内容はこまめに保存しましょう。

机の上はきれいにしましょう。